Technology~耐震性~

■ツーバイフォーは高耐震性住宅■

北米生まれの「ツーバイフォー工法」は日本古来の「軸組工法」とは全く異なる考え方の建築工法です。もっとも大きな違いは建物の支え方です。軸組工法は「柱」や「梁」で建物を支えるのに対し、ツーバイフォー工法では構造用製材で作った枠組に構造用合板を貼り付けた「パネル」で床・壁・屋根を構成して建物を支えます。

壁・床・屋根は最初に2×4、2×6、2×10材などの様々な規格の木材を組んで枠組みを作ります。
枠組みに構造用面材を接合し、剛性の高い壁を構成します。

■基礎■ベタ基礎

ユニテハウスの基礎は、第三者機関JIOの厳しい品質施工検査に合格したきわめて信頼性の高い基礎です。また、コンクリート強度においては、土間は21Nm㎡(冬期間 24N)、立上りは24Nm㎡(冬期間 27N)としております。加わった力を基礎全面で地中に伝えることができる「ベタ基礎」を標準仕様にしております。

2×4(ツーバイフォー)工法 構造Q&A

■地震は大丈夫?

◇答え 高耐震性住宅です!

ユニテハウスのこと。
少しでも気になったらお気軽にお問い合わせください

ユニテハウス仙台南

営業時間: 10:00~20:00
定休日: 年末年始

メニューを閉じる